いいこと日記 幸せへの道

myonja.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オランダ4日目

のんびり起きたあと
ヒュエンのいとこ AVEDAの美容師に 髪の毛をきってもらいました。
彼女はこの女の子達の髪の毛を全てきってます。
オランダは、白人系の金髪、アジア、黒人のアフロがいるので
技術が高くなるかんじです!
彼女いわく、
柔らかい金髪がきりやすいて。

そのあと
彼女とアムステルダムショッピングへ。
H&Mや色んなお店をみてまわる。
クロケットの自動販売機にもよって、Bamiを食べる。
だいたい100円少しで買える。

卒論をかいてたヒュエンがやってきて
彼女の友達のおうちのディナーに行きました。
女の子4人、みんなオランダ人でとても背が高くておしゃれ。
ヨーロッパだけに、ドイツ人とつきあっていたり、イギリス人とつきあっていたり
みんな遠距離恋愛につきものを彼のそばに住むかとか色々悩みがあるみたいですw
EURO内だと日本の札幌、大阪間みたいなかんじなのかなぁ。

その家は3人でシェアしていて
リビングはとてもおしゃれで
ろうそくをライトにとってもセンスがいい☆
日本の家となんでこんなにちがうんだろうと又思ってしまいましたw

でもでも
驚いたのは
食器を洗剤で洗って水で流さずタオルで拭いちゃうところです!!!!
洗剤は環境ホルモンが多くて水でキレイにながさなければだめなのにw
健康お宅の私としては信じられなくてw

カリーマという友達が
オランダの野菜は環境ホルモン、成長ホルモンをかまわず使うので癌発生率が高いて言ってたのを思い出しました。
彼女の彼の兄弟は2人20代で癌でなくなっているんです!
怖いなて思いました。
a0023189_1395952.jpg

[PR]
by mei9679 | 2005-02-27 12:08 | holland

オランダ3日目

朝、彼を空港まで送りに行くとき
初めて ドライブスルーで朝マック食べました。
パンケーキはもちもちしてて、オランダぽいかんじでした。

ヒュエンのおうちに戻ってきて、
ヒュエンのボーイフレンドのお母さんにアップルパイを持っていきました。
このアップルパイはマルタでヒュエンが作ってくれておいしかったものです☆
オランダでは
彼は留学中でいなくても、そのおうちに週に2回くらいは遊びにいくみたいですw
なかいい友達と家にすぐ遊びに行くし
オープンなんだなぁて思います。

オープンといえば
カーテンを閉めないで、外から丸見えにしてるのもびっくりしました。
家庭の憩いや、ごはんが外から丸見えなのは
日本では考えられないなて思います。

そういうところが、移民を受け入れる国なのかなぁ。

a0023189_1274873.jpg

[PR]
by mei9679 | 2005-02-26 20:51 | holland

オランダ2日目

のんびり寝ていたあと
お昼すぎから アムステルダムへ向かう。

ヒュエンは大学院生なので、学生だと一緒にいると電車のチケットが半額で買えるのです。
学生証を持ってるし電車はただだし不思議なシステムです。
電車はアムステルダムまで40分だけど、なんとなく宇都宮線というかのどかなかんじ。

まず ヴァン・ゴッホ美術館へ。
ゴッホといえば言わずとしれた ”ひまわり”
アムステルダムを歩くとみんな紺色のこの美術館のポスターの筒をもっています。

ゴッホはオランダにいるときは、絵の色もみんな暗くて楽しい生活をしていたとは思えません。
実際彼は未婚の母でいて当時妊娠していた女性と関係をもったことから親たちと不和が生じ
農民を描くためにドレスデンへ旅立つが孤独で実家にまたもどってきます。
そのあと”じゃがいもを食べる人たち”を描いていますが、絵自体暗くておもぐるしいのです。
a0023189_15215142.jpg

そのあとパリにでるとその鬱憤がはれたというか、絵も明るくなっていきます。
モンマルトルに住み、若い芸術家との交流が彼の気分を軽くしたのだと思います。
そのとき浮世絵に引かれ安藤広重の雨などを油絵で描いています。
a0023189_15222171.jpg

私は少しだけホームシックだったので浮世絵をみるだけでゴッホを身近に感じることができました。

次に オランダ料理を食べる!!
クロケット、オランダ風ステーキをいかにもオランダ風の家(3階建てくらいでちいさい)で食べる。
クロケットは クリームコロッケみたいであつあつでおいしい☆

最後に
ついにいきました、レッドライトストリート通称 飾り窓
赤いランプがドアの上についていて
下着姿の女性が悩ましげなポーズで外にむけてアピール!!!
中にはちいさなベットがあって、お客さんがはいるとカーテンがひかれてみえなくなるしくみです。女性はロシアのヒトが多かったです!
観光客のヒトがぞろぞろ歩いてるのに、入る勇気いるなー。
この辺はあぶないんじゃない?と友達に聞いたら
反対に警察がいつも見回っているから全然危なくないよーとのことw
不思議な光景です!!

ちなみに 
マリファナの吸えるコーヒーショップには行きませんでしたw
日本でもタバコ吸えないのでw
[PR]
by mei9679 | 2005-02-26 14:48 | holland

アムステルダムヘ

ロッテルダムを後にし、ヒュエンの待っていてくれるオランダへ。
彼女の家はHorroon の隣の駅にあって
アムスセントラルから40分電車に乗っていくと到着。

商店街みたいなところに普通にチーズショップが。
日本ではみない光景にびっくり!
a0023189_1349155.jpg

オランダのおうちは、同じ形の家がつらなっていて
ヒュエンのおうちは床は石でとてもおしゃれ!!ヒュエンが描いた絵も飾ってあり。
大きな犬 チャッキー (ボクサーかな)が 吠えてお出迎えしてくれました^^;
兄弟ですんでいて妹3人、弟1人。親戚の子供もきていて親戚のつきあいがとてもすごくて日本じゃないなてかんじでしたw
a0023189_13531156.jpg

[PR]
by mei9679 | 2005-02-25 13:27 | holland

ロッテルダムへ フェイエノールで小野観戦

リバプール空港からeasy jetでロッテルダムへ。
初めてのeasy jetですが、オレンジのジャンパーを着たスチュワーデスでカジュアルw

ベストウエタンホテルはとてもおしゃれでデザイナーズホテルというかんじ。
値段もひとり4000円くらいでイギリスの半分くらいなのにきれいでとても気に入りました☆
エスクワイアでオランダのデザイン建築というのが去年特集されていたのですが、アムスではあまり思わなかったのですが、ロッテルダムでそうかもwと思いました。
セントラル駅から少し離れてるの難点かな。
近くにキュービックハウスがあります。
a0023189_1123147.jpg


ヒュエンがチケットを買っておいてくれたので
フェイエノール VS リスボンを見に行きました。
スタジアムの行き方がわからなくてとりあえずトラムにのろうとヒトに聞いていたら、
フェイエノールのユニを着てるヒトがいたので
彼の後について歩いていったらどんどん町から離れたので、栄えてるほうに歩いていったら駅を発見。

スタジアムにつき、おじさん達が食べてるケバブみたいのがおいしそうなので同じものを購入。
相変わらず寒くてマイナス10という屋外で観戦。

スタジアムにつくとさすがここサッカー用につくられただけあって
とても見やすくて感動☆
グランドに鳥が一羽いるなーと思っていたら、試合開始の前に鳥をかごに捕まえる儀式がありましたw

期待していた小野は先発にははいっていなくてがっかりしていたら、試合はリスボンペースではじまったことから、小野がアップはじめ、後半から出場。
アップも楽しそうにしている姿から小野に釘付けでしたw
a0023189_113934.jpg

途中二回もフェイエノールのサポーターが爆竹をリスボンのGkに投げつけたことで試合は中断。試合が中止になるかと思っていたら試合再開。
結局リスボン優位のままでフェイエノールは負けてしまいました!
残念!!
a0023189_1135432.jpg

[PR]
by mei9679 | 2005-02-24 00:20 | holland

マンチェスターへ チャンピオンリーグ

リバプールから電車で一時間弱。

最初は見る予定のなかったせっかくだから
マンチェスター VS AC・ミラン 見ちゃいました!
私が見るのは 「豚に真珠」ですYOw

セントラルからトラムで20分くらいオールドトラフォードへ。
早めにマンUのスタジアムに到着しそこら辺にたくさんいるダフヤさんと交渉。
このマンU、ミラン戦は今まで二回だけだから負けられないよーと言われても頑張って
日本で代理店で買うより半分以下の値段で購入。ぼちぼちかしらw

ファンショップに行くとごっついおじさんや若者がわさわさとお買い物。
私もマフラーとマンUクマを購入。(ご当地クマは私のコレクションのひとつですw)
ミュージアムを見た後に(みんなミュージアムに行くんですd(゜ー゜*)ネッ!)
アゥエイのミランのシートへ入場。
騎馬隊の横を抜けボディチェックを受け入場。

ミラン側はすごい!
イタリア語が飛び交い、席も番号関係なく勝手に座ってます。
試合がはじまると
やはり最高峰というだけ、うますぎる!
こんな私がいうのもなんだけど、パスが完璧パスになっていてつながりまくっています。
Jリーグをみたりしていると(3回しか現地でみたいませんがw)
つながらないなーと思うことが多いけどリズム良くパスがつながっていって
パスが万が一間違って相手側にいっちゃっただけでも えっ?ておもう感じでした。
この日はミランのほうが切れがあるかんじでしたw

応援ソングで一番好きになったのはカカの歌。
~~~~~~~カーカー♪
雪の舞うタイツ二枚はいても足からどんどん冷えが来る中この歌で元気が(笑)

日本と違って応援歌が短くて2フレーズくらいでいつのまにか消えてしまいます。
みんな試合の展開があるとそっちにみいっているみたいです。

ミランサポーターのシュートが外れたときの
”マンマミーア”と頭をかかえて オペラ並のがっかり模様。
試合とは違うところで笑ってしまいましたw

全然点数はいらないなーと思っていると
終わり間際にクレスポのゴールでミラン勝利。
その時点で右にいた以下にもイギリス人親子は帰っていってました。

翌日新聞でクレスポにシュートのきっかくを作ったキャロルがボロボロに書かれてたのはいうまでもありません。
a0023189_23151678.jpg
a0023189_23171463.jpg

[PR]
by mei9679 | 2005-02-23 22:25 | England

しぶしぶ リバプールへ

朝、小雪が降る中シャルルドゴールへ。
vlm air でリバプール ジョンレノン空港へ向かう。
budget airでのためちゃんと飛ぶのかなて思ってたけど無事飛んで到着!

リバプールは ほんと サッカー、ビートルズ以外何もないというか・・・
イギリスはユーロに入らないで高い物価を維持しているけど
このリバプールの町並みをみてしまうと景気がいいとはほんと思えない閑散としています。
潰れている店もおおいし、借り主募集の広告も多数。

「ブリタニアホテル」はホーンテッドマンションみたいな感じでお化けがいそうな感じの古い老舗ホテルです。ホテルのヒトと話して、英語が全然ちがうんだーと少し凹みました。

だんだんフットボールの時間が近づいてくると
町にはどこからともなく リバプールのマフラーをまいたおじさん、坊主の若者が集まっていてスポーツカフェではだらだらと一日を過ごしています。
今までイギリスはロンドンにだけ行ったことがあったのですが、
若者のキャラが全く違います。
パリの後だったからかもしれないけど、みんな坊主でおしゃれじゃない!!

ヨーロッパに着てから暖かいものwあまりたべていなかったので
チリコーンカーンとスープが身にしみました☆
[PR]
by mei9679 | 2005-02-22 22:12 | England

パリ二日目

朝早めに起きてから
早速ルーブル美術館へ。
最初はあまり乗り気でなかったルーブルも「ダヴィンチコード」を読んだことで行ってみたい場所に。
逆さピラミッドとピラミッド!
開館前に行くともうすでに長蛇の列!さすが世界の観光地!
行く前に モナリザに走ったとか話を聞いていたので バーゲンにいかのように勇んで入場。
さすがルーブル!芸術を知らない私でも美術や世界史の教科書でみたことあるものがゴロゴロとあって驚いてしまいました!
あと、写真撮り放題というのも太っ腹というか よく言われるように巧妙な贋作をおいているというのかなぁて思いました。

ミロのビーナス、モナリザ。
モナリザは、ヒトがたくさん集まってるのでわかりやすいのですが。
それにしても思ったより小さい!

美術館がキライなヒトでもルーブルは行ったほうがいいのですねっ!
a0023189_21535241.jpg
a0023189_21544511.jpg
a0023189_21553188.jpg
a0023189_2156102.jpg
a0023189_21564032.jpg


そのあとノートルダム寺院へ。
教会は外見のほかに中のステンドグラスの美しさ☆
ヨーロッパの醍醐味は教会建築だーなんていっていても
あまりの寒さに外でチョコレートクレープをほうばる!
これがたまりません!
それにしても観光地から少し歩くとどんどん値段は安くなるものです。
a0023189_2213951.jpg

a0023189_2223096.jpg


ビトンのおぉーきなバック
a0023189_1194273.jpg

[PR]
by mei9679 | 2005-02-21 20:43 | France

パリへ

アムステルダム空港駅を9時にでてタリスで3時間半くらいでパリノルド駅へ到着。
オランダは平地でぎりぎりのところを川というか池みたいなのが流れてて
風車もときには見えてのどかな景色。
パリにつくと少し雪が降っていて、寒々しい!
電車と地下鉄にのって、凱旋門近くのマルモテール・エトワール ホテルに向かう。
これは歩き方に載ってて、エービーロードでもプチホテルてかんじに載っていたので予約した二星ホテル(ひとり6000円くらい)。実際行ってみたら、agnestineという凱旋門に隣の駅をでて目の前にあるとても立地条件のいいホテルでした。
a0023189_20261976.jpg

チェックイン後
モンマルトルの方に向かう。
地下鉄もわかりやすくて到着。
道の間からサクレクールの頭が見えてきて、そこに向かい石畳を歩く。
「アメリ」の映画だ~と大喜びで、メリーゴーランドの横を抜け、サクレクール寺院まで到着。
上からパリを一望できてパリにきたんだなーと実感。
a0023189_20295466.jpg

寺院の中に入ると
ちょうどミサをやりはじめて、神父様が香りが入ってる香炉?をブラブラとさせながら登場。
聖歌も始まり聞き入っていたけど
パリは二日しかないので次の観光地にということで移動。
その移動の間にアメリのカフェにはいったけど、あまりの観光地ぶり、タバコの臭さに耐えられなくて早めに退去。日本人のヒトもたくさんいました^0
ムーランルージュも前を通る。
a0023189_20375110.jpg



a0023189_20383966.jpg



a0023189_20364292.jpg


その後 エッフェル塔を見に行く。
でも寒すぎて取り合えず写真のみで退散!
a0023189_20392914.jpg

[PR]
by mei9679 | 2005-02-20 21:25 | France

成田から出発

7時半のバスに吉祥寺からのって
スカンジナビア航空、コペンハーゲン経由でアムステルダムへ。
だいたい11時間くらいでコペンハーゲン着。
北欧ていうだけあって
空港も床が木でセンスがいい!!

アムスではヒュエンが男友達のケビンとともに空港で待っててくれて
お茶をしたあと
Ibisホテルへ。
アムスは雨で寒くてこの旅が寒がりの私には大丈夫なのか心配になったほどw

それにしてもオランダ人は背が高い!
あと髪の毛が○ゲのヒトが多い気がする。のはわたしだけでしょうかw
[PR]
by mei9679 | 2005-02-19 07:00 | holland
line

幸せへ向けての一歩一歩を考え中です!


by mei9679
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー